ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

3つのイタリアン味噌煮込みぬーどるの名前の由来

イタリアン味噌煮込みぬーどる

ランチタイムでは、玉ねぎのスライスをトッピングしたイタリアン味噌煮込みぬーどるのみの提供ではありますが、ランチタイム以降の時間では、以下の三種類のトッピングが選ぶことができます。(価格は異なります)
1)えしま  (定番:淡路島玉ねぎのスライスをトッピング)
2)ほととぎす(肉味噌もやし炒めをトッピング)
3)はまかぜ(肉味噌もやし炒めと、淡路島玉ねぎのスライスをトッピング)
の3種類です。
『えしま』、『ほととぎす』、『はまかぜ』というメニュー名に??と思われるお客様もいらっしゃると思っております。では、なぜこれらの名前にしたのかを、少しご説明させていただきます。
当店のイタリアン味噌煮込みぬーどるは、麺には『淡路島ぬーどる』を、トッピングには『淡路島玉ねぎのスライス』と淡路島の食材を使用しております。そこで、淡路島に少しちなんだ料理名としようと思い名付けました。
<えしま> 
 絵島は淡路島の誇る景勝地として知られており、『おのころ島』伝説が伝わる場所の一つとしても知ら
 れております。
 そして、西行法師「千鳥なく 絵島の浦に すむ月を 波にうつして 見るこよいかな」から、
 『えしま』としました。
<ほととぎす>
 松尾芭蕉の『ほととぎす消行方や嶋一つ』から『ほととぎす』と名付けました。
<はまかぜ> 
 柿本朝臣人麿の『淡路の野島の崎の浜風に 妹が結びし紐吹きかへす』から『はまかぜ』と名付けました。

2022年04月03日

3つのカレーうどんの名前の由来

<ゆうなぎ(肉味噌もやし炒めと玉ねぎのスライストッピングしたカレーうどん>

ランチタイムでは、玉ねぎのスライスをトッピングしたカレーうどんのみの提供ではありますが、
ランチタイム以降の時間では、以下の三種類のトッピングが選ぶことができます。(価格は異なります)
1)おのころ (定番:淡路島玉ねぎのスライスをトッピングしたカレーうどん)
2)ちどり  (肉味噌もやし炒めをトッピングしたカレーうどん)
3)ゆうなぎ (肉味噌もやし炒めと、淡路島玉ねぎのスライスをトッピングしたカレーうどん)
の3種類です。
『おのころ』、『ちどり』、『ゆうなぎ』というメニュー名に??と思われるお客様もいらっしゃると
思っております。
では、なぜこれらの名前にしたのかを、少しご説明させていただきます。
当店のカレーうどんは、麺には『淡路島ぬーどる』を、トッピングには『淡路島玉ねぎのスライス』、
カレールーにも淡路島玉ねぎと淡路島の食材を使用しております。
そこで、淡路島に少しちなんだ料理名としようと思い名付けました。
<おのころ>
 伊弉諾尊と伊弉冉尊が天の沼矛で海原をかき回すと、矛から滴る潮が固まり自凝島(おのころじま)に
 なったという国生みの神話があります。
 淡路島には、『おのころ島』の発祥の地という伝説があり、そこから、『おのころ』としました。

<ちどり>
 小倉百人一首に、『淡路島通ふ千鳥の鳴く声に いく夜寝覚めぬ須磨の関守』(源兼昌)と歌われて
 おります。その歌から『千鳥(ちどり)』と名付けました。
<ゆうなぎ>
 『来ぬ人を松帆の浦の夕なぎに 焼くや藻塩の身もこがれつつ』(権中納言定家)と歌われております。
 その歌から『ゆうなぎ』と名付けました。

機会があれば、それぞれのカレーうどんをお試しください。
 

 

2022年03月27日

クリームシチュー

現在、不定期でお出ししておりますメニューです。
地元あおば小麦を使用した『クリームシチュー』です。

冬の寒い日には、おすすめのメニューです。

2022年02月13日

横浜ビー・コルセアーズを応援します

横浜には、プロバスケットボールチームがあります。
地元横浜のチーム『横浜ビー・コルセアーズ』です。
当店ジョルニカフェ玄は応援させていただきます。
どうぞ、皆様、『横浜ビー・コルセアーズ』を応援しましょう。よろしくお願いいたします。

2022年02月06日

スパイシーな温かいぶどうジュース

冬の寒い日には、体の芯から温まる飲み物がほしいものです。
フランスでは、冬の限定のお酒として、おなじみであるヴァンショー(vin chaud)。
最近では、酒屋さんやスーパーでも販売され、ホットワインとして家庭で親しまれているかと思います。

コロ禍の中、現在、当店ジョルニカフェ玄では、お酒の提供は控えさせていただいていることもあり、

また、お酒が苦手な方にも、このヴァンショー・ホットワインを疑似体験をしていただければと、提供させていただいております。

八角やシナモン、クローブ、ショウガなどのスパイスと濃厚なぶどうジュースを温めました。
スパイシーで温かい、体の芯からあたたまる飲み物です。
まだまだ、寒い日が続きますので、機会があれば、お召し上がりください。

2022年02月06日
» 続きを読む